ロボットがカジノ業界を席巻?

ロボットが世界を席巻するようになるのだろうか、という問いが、次第に現実味を帯びてきています。今日は、このトピックについてお話したいと思います。カジノは競合の一歩先を行き巨額の利益を上げ続けるべく、最新鋭の技術を取り入れる必要があり、またその余裕があります。よく考えてみれば、カジノはすでにロボットを利用していますよね。その流れは留まることがないでしょう。

無料ドリンクのゲスト識別ロボット

多くのカジノにはゲストが無料でドリンクを楽しめるサービスがあります。でも入場者数が膨大になると、誰が無料ドリンクの権利があるゲストなのか、あるいは、カジノを利用せずに無料ドリンクを飲むためだけに来場している人なのかを区別することがとても難しくなります。そこで、このロボットの出番。ほとんどのカジノでは、無料ドリンクバーを利用するには一定額を賭けなければなりません。プレイヤーの賭け金が一定額に達すると、ロボットシステムが通知してくれるようになっています。

バーテンダーロボット

ここで問題となるものまた、来場者数です。多くの人が来場すると、ウィトレスやバーテンダーの仕事が注文に追いつかなくなります。大手カジノでは、より効率的に対応するために、ソフトウェアとロボットの助けを借りています。

ディーラーロボット

ディーラーの皆さん、ご安心ください!ロボットに完全に取って代わられることはないでしょう。しかしながら、カジノ業界が今後もさらに多くのロボットを導入しないとは限りません。その技術はすでに確立されており、ポーカーやバカラなどの多くのゲームが、ロボットあるいは「ボット・ディーラー」によってオンラインでプレイできるようになっているからです。

おもてなしロボット

その性質上、おもてなしのロボット化はまだまだ難しいです。生身の人間によるおもてなしに勝るものはありません。でも、カジノ業界はロボットを用いた実験や、従業員をロボットに置き換えることに注力しているんです。特に「MGMリゾート」はこの傾向が顕著で、技術とロボットの導入に多額の資金を投じています。

移動用ロボット

大手カジノは、VIPゲストに専属運転手をつけています。この運転手の仕事もテクノロジーで代替可能です。例えば、ゲストをカジノへと運ぶシャトルバスにも利用できます。カジノ業界の多くは、移動にそれほど関心を向けていないとはいえ、考えておくべき問題といえるでしょう。

まとめ

ギャンブル業界は、テクノロジーをできる限り導入しようとする業界のうちのひとつです。でも悲しいことに、それは人々の仕事を奪っています。進歩は必然的なものであり、望ましいものでもありますが、仕事を失った人々はどうなるのでしょうか?仕事を辞めても、家族を養い、生活費を稼がなくてはならない人々はたくさんいます。事態は私たちが思っているよりも深刻なのかもしれません。今後の動向に注目です。